観光ご案内TOURIST

長崎市亀山社中記念館

長崎市亀山社中記念館
「亀山社中」は、慶応元年(1865年)薩摩藩や長崎の豪商小曽根家の援助を受けて、坂本龍馬とその同志により設立された結社です。
徳川幕府の倒幕を目的とした活動を行うとともに、船の回送や運輸業、銃器のあっせんなどの商号活動も行い、「日本初の商社」といわれています。活動期間は約2年間でしたが、海運業などの他に、薩長同盟などにも参画するなど、幕末・維新史において、重要な役割を果たしました。
老朽化した建物を当時の建物に限りなく近い形に改修・復元し、平成21年(2009年)「長崎市亀山社中記念館」としてオープン。名誉館長は、坂本龍馬に造詣が深い武田鉄矢氏が務めています。
住 所 長崎市伊良林2丁目7-24
開館時間 9:00~17:00(最終入館は16:45)
入館料 大人/300円
高校生/200円
小中学生/150円
ホテルからのアクセス ※周辺に駐車場がありません。公共の交通機関をご利用下さい。
【長崎バス】
『浜の町(S東美前)』バス停より「風頭山」行きに乗車
⇒ 終点『風頭山』バス停下車 徒歩約10分

【路面電車】
『築町』電停より5系統「蛍茶屋」行きに乗車
⇒ 『公会堂前』または『新大工町』電停下車 徒歩約15分
観光ご案内一覧へ戻る
空室検索・予約