観光ご案内TOURIST

眼鏡橋(長崎眼鏡橋) ≪ 国指定重要文化財 ≫

眼鏡橋(長崎眼鏡橋)
長崎市の中心・中島川に架かる「中島川石橋群」の第10橋。
17世紀、長崎の町並みは拡大され護岸を構築し、ほぼ現在の中島川が形づくられました。このころは、キリスト教禁教の時代であり、唐文化の導入により興福寺などの仏寺が次々と建立されました。寛永11年(1634年)、興福寺の黙子如定禅師が架設したこの眼鏡橋は、長さ22m、幅3.65m、川面までの高さ5.46mで日本初のアーチ式石橋として有名です。川面に映った影が双円を描き、「メガネ」に見えることから、この名前がついたと言われ、『日本橋』『錦帯橋』と並び日本三名橋に数えられます。
また昭和57年(1982年)の長崎大水害で一部崩壊しましたが翌年復元され、国の重要文化財に指定。近年では、眼鏡橋をはじめとする中島川護岸にあるハートストーンが、愛を願うパワースポットとして人気を集めています。
住 所 長崎市魚の町・栄町~諏訪町・古川町間(中島川上)
ホテルからのアクセス 【路面電車】
『築町』電停より5系統「蛍茶屋」行き乗車
⇒ 『賑橋』電停下車 徒歩約5分
【車】
約5分(周辺の有料駐車場をご利用下さい)
観光ご案内一覧へ戻る
空室検索・予約