長崎の観光名所をバスの車窓から眺め、効率よく巡る「まるごとながさき車窓コース2時間20分」
4ヶ国の音声ガイドとバスガイド出身の女性運転手(※)が長崎の街をご案内いたします。
坂道や細道、石畳道を走りながら長崎の普段の街並みをドライブしていただきます。
※都合により女性運転手が乗車しない場合がございます。予めご了承ください。
タイムスケジュール
8:50までにJR長崎駅へ集合してください。(集合場所までの交通費はお客様ご負担となります。※送迎はございません) お荷物お預かりをご希望の場合はチェックアウト時にホテルフロントへお申し付けください。
BUS TOUR ROUTE バスツアー運行ルート
  • JR長崎駅
    1. 旭大橋
    2. 稲佐悟真寺国際墓地
  • 稲佐山展望台
    稲佐山展望台
    『稲佐山』は、標高が東京タワーと同じ高さの333メートルあり、長崎市のランドマーク的存在で夜景鑑賞に大変人気のスポットです。晴れた日の昼間には、長崎市街地はもちろんのこと、雲仙、天草、五島列島まで眺めることができます。
    1. 浦上川
    2. 原爆落下中心地
  • 平和公園
    平和公園
    悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いを込めてつくられた公園です。長崎市民の平和への願いを象徴する「平和祈念像」は長崎県出身の彫刻家・北村西望氏によって制作され、天を指した右手は“原爆の脅威”を、水平に伸ばした左手は“平和”を、軽く閉じられた瞼は“原爆犠牲者の冥福を祈る”、という想いを込めました。
    1. 如己堂
  • 浦上天主堂
    浦上天主堂
    明治28年(1895)に起工し、大正14年(1925)に完成するまで、30年の歳月をかけて建設。東洋一といわれた赤レンガ造りの大きな教会でしたが、原爆によって崩壊。現在の建物は、昭和34年(1959)、鉄筋コンクリートで再建されたもので、昭和55年(1980)、レンガタイルで改装し、当時の姿に似せて復元されました。
    1. 長崎大学医学部
  • 一本柱鳥居(山王神社)
    一本柱鳥居(山王神社)
    日本二十六聖人殉教地へと続く浦上街道沿いにある明治元年(1868)創立の山王神社の二の鳥居ですが、原爆の被害を受け、社殿は跡形もなく崩れ、さらにもともと4つあった鳥居のうち、この鳥居だけが片方の柱を残し今も同じ場所に立っています。
    1. 坂本国際墓地
  • 諏訪神社
    諏訪神社
    創建は寛永2年(1625)で、当時はキリスト教が広まり他教を排斥したため、市内の社寺は破壊されることが多く、肥前唐津の青木賢清が長崎奉行・長谷川権六に願い出て造営したものです。 この神社の秋の大祭・長崎くんちは、豪華絢爛・異国情緒たっぷりな祭りとして日本三大まつりの1つに数えられています。
  • 眼鏡橋
    眼鏡橋
    寛永11年(1634)、興福寺の黙子如定禅師が架設したこの眼鏡橋は、日本初のアーチ式石橋として有名です。川面に映った影が双円を描き、「メガネ」に見えることから、この名前がついたと言われます。近年では、眼鏡橋をはじめとする中島川護岸にあるハートストーンが、愛を願うパワースポットとして人気を集めています。
  • 崇福寺
    崇福寺
    寛永12年(1635)から中国との貿易を独占的に行っていた長崎港。来航した唐人(中国人)達は、はじめ長崎市中に散宿していましたが、密貿易が増加したため幕府は元禄2年(1689)、鎖国後の出島と同じように、唐人達を収容する唐人屋敷を建設しました。現在は四堂のみが修復改築され残されています。
    1. 思案橋
    2. 史跡料亭花月
  • 唐人屋敷跡
    唐人屋敷跡
    寛永12年(1635)から中国との貿易を独占的に行っていた長崎港。来航した唐人(中国人)達は、はじめ長崎市中に散宿していましたが、密貿易が増加したため幕府は元禄2年(1689)、鎖国後の出島と同じように、唐人達を収容する唐人屋敷を建設しました。現在は四堂のみが修復改築され残されています。
  • 長崎新地中華街・湊公園
    長崎新地中華街・湊公園
    唐船専用の倉庫を建てるために埋め立てられた新地でしたが、今では横浜・神戸と並ぶ日本三大中華街のひとつとなっています。あわせて約250メートルの十字路で、東西南北全ての入り口に中華門が立ち、通りには中華料理店等が軒を連ねています。向かいには、中国の旧正月を祝う『長崎ランタンフェスティバル』のメイン会場、湊公園があります
  • 出島
    出島
    鎖国時代の約250年間、日本で唯一西洋に開かれていた貿易の窓口、出島。今から約60年前に長崎市が復元に着手し、現在の出島は、大きく4つの時代の遺構や建物等をご覧頂けます。当時、唯一の日本からの入口であった『出島表門橋』が平成29年(2017)に復元され、出島を見る風景も、全盛期をなお一層感じさせるものとなりました。
  • オランダ坂
    オランダ坂
    名前の由来は、出島に住むオランダ人の影響か、開国後も長崎の人々は東洋人以外を「オランダさん」と呼んでいた為、当時「オランダさんが通る坂」という意味で居留地にある坂はすべてオランダ坂と呼んでいたと考えられています。この東山手地区は洋風住宅群が現存するなど、特に異国情緒あふれる地域となっています。
  • 孔子廟
    孔子廟
    かつて華僑の人たちと中国の清朝政府が資金を募り建立され、一時は原爆の被害に見舞われ崩壊寸前でしたが、修理を重ね、今では中国の歴史や風物を知る資料館となっております。さらに『中国歴代博物館』も併設され、中国でしか見ることのできなかった国宝級の文物を展示し、大変貴重な施設となっております。
    1. 水辺の森公園
    2. 日本二十六聖人殉教地
PRICE 旅行代金・おお支払い方法
  • お支払方法

    オンラインカード払い
  • 旅行条件・キャンセル料金等

    https://nbtour.net/guide/price(募集型企画旅行の項目をご参照ください)
PARKING 周辺駐車場のご案内
お車でお越しの際は、下記の駐車場をご利用ください。(別途、駐車料金がかかります)
  • 長崎バスターミナルホテル立体駐車場

    長崎バスターミナルホテル立体駐車場

    車両制限
    高さ1.57m、幅1.77mまで
    1泊料金
    900円
    追加料金
    なし
  • 銅座町パーキング

    銅座町パーキング

    車両制限
    高さ2.00mまで
    1泊料金
    15:00~11:00 1,000円
    追加料金
    30分 150円
  • トラストパーク銅座

    トラストパーク銅座

    車両制限
    高さ2.30mまで
    1泊料金
    15:00~11:00 1,000円
    追加料金
    15分 100円
  • リファレンス銅座パーク

    リファレンス銅座パーク

    車両制限
    高さ2.20mまで
    1泊料金
    12:00~12:00 1,500円
    追加料金
    30分 150円
CONTACT お問い合わせ
ご不明な点は長崎バス観光旅行センターまで
お電話にてお問い合わせください。
ツアー主催について
本ツアーおよび宿泊プランは「長崎バス観光(株)」の主催・企画商品です
空室検索・予約